大画面の液晶テレビが家に欲しいときお金を借りたくなる

on 1月 8th, 2016 by xcomcs1

今はとても大きいサイズのテレビが売っていると思います。
大きなサイズは、それだけ魅力的な映像と迫力で楽しませてくれるのですが、当然そういった大きなサイズの液晶テレビは値段も高いです。
大画面の方がテレビは楽しいのは間違いないとしても、何十万円するようなものもありますから。

収入がどうしても多くないので、そういったテレビを買いたいと思っても、現実的にはなかなか難しいです。
買おうと思えば買えないことはないですが、その場合にはキャッシング等を利用して、お金を借りないと厳しいです。
貯金もあまりないので、そういった大画面の液晶テレビを買うのであれば、別途お金を用意しないといけないのです。

大画面のテレビがあれば、それからの生活の充実度も変わるだろうという期待はあるものの、高価なものなので借金をしてまで買うべきか?というのは悩みます。
でも、いつかは欲しいので頑張ってお金を貯めて買うか?借金をしてでも買うか?どちらかはするでしょう。
できることなら自分のお金で買いたいとは思いますが。
未だに家にあるのはブラウン管のテレビなので、早く液晶テレビ、しかも大画面のものが欲しいです。

お金が欲しいからお金を借りる機会というのは、この先いつかはあるかもしれません。
そのときには利息をとられないところから借りたいので、例えば10万円程度であれば、親を頼ると思います。
もっと高額になるとさすがに親も貸してくれなさそうなので、キャッシングなどを利用すると思います。

マイホームを建てる時にはお金を借りると思います

on 12月 6th, 2015 by xcomcs1

今のところ幸せな事に銀行や金融会社からお金を借りずに生活が成り立っています。

夫が真面目に働いている事と、私たち夫婦は子供がいないので学費などに困る事がないので借金をする事なく生活出来ていると思っています。

夫と私はお金を貯めてから何か買おうという考えが一致しているので、車を買う時などもある程度のお金を貯めてから行動するので大きなローンを組んだ事もありません。

今は借家なので住宅にもお金がかかる事はないのですが、そろそろマイホームを考えても良い年代になって来ました。

マイホームを建てるという事は数千万円かかるので、さすがに全て貯まってから考える訳にはいかないと思っています。

その時は銀行から住宅ローンを借りる事になります。

ただ今の時代大きなお金を借りるってかなり勇気が必要です。

公務員だって何があるかわからないのに、民間企業に勤めている夫だとある日突然なんて事もあるような気がします。

そんな事を考えたら何も行動に移せないのですが、小心者の私にとってはかなり怖い事です。

でも夫も色んなところに転勤させられましたが、そろそろ年齢的に落ち着いてきそうなので、そろそろ憧れのガーデンニングや家庭菜園が出来る庭付きのマイホームへの夢を膨らませても良いかなと思っています。

これに関しては夫も大賛成なので、一体どこの住宅ローンがオススメなのか情報を仕入れなければなりません。

友人などを見れば一軒家、マンションを購入していますが本当に皆立派です。

本当は現金で払いのが本音ですが、無理な話なのでこの計画が進んだ時は我が家にとって初の大きな借金をすることになると思います。

(☆ http://お金を-借りる.com/

忘れていた車検に急にお金が必要になった

on 6月 6th, 2015 by xcomcs1

車に乗って仕事に行っています。毎日ガソリン代もかかり大変です。そんな時2年に一回の車検がきました。あと猶予が1か月くらいあったのですが、そのころ同時に任意保険もきてもうどうしようもなくなりました。

お仕事といってもパートなので8万くらいしかありません。保険代がぎりぎりぐらいです。そこにまた子供の大学の学費も納入通知がきてもうどうすることもできません。

夫は6年前に離婚して音信不通だしもうどうすることもできません。総量規制対象外(megutan0211.girly.jp)の銀行にいっても収入が少ないといわれ会う手にされませんでした。

そこで仕方なくカードローンがつくれるところはないかといろいろ調べてみました。消費者金融はどうしてもためらったのですが仕方なく申し込んでみました。

店頭にいきなんとか借りることができました。銀行はすぐに手続きできないしことごとく断られました。でもこういうときは消費者金融さまsまに思いました。そのばで貸してくれたので今月さえ乗り切ればなんとかなりありがたかったです。

返済はコンビニから少しづつできて簡単でした。

ギャンブルによっての金欠に対する対処法

on 5月 10th, 2015 by xcomcs1

私はいい年をしているにも関わらず、未だに若い時に始めだしたパチンコ・パチスロ・競馬・競艇などのギャンブルから抜け出せずにいます。
このギャンブルによって消えたお金は今までのトータルで考えれば相当な額になり、正直自分でも呆れ返ってしまうほどです。

けれども一番初めの頃に味わった当たった時の感じをいつでも味わいたくて、気がつけばパチンコ・パチスロ店や競馬場に足を運んでいて、そこで多かれ少なかれお金を落としてしまうのです。

今まで何度もこのギャンブルから足を洗おうと思ったのですが、どれも一時的にしかやめることができずどうしてもやってしまいます。
そういったことから今まで何回でも金欠になったことがあります。

そんなときは基本的にはギャンブルをやめざるを得ないのですが、私の場合はギャンブルへの依存度が強いためかクレジットカードのキャッシング枠からお金を借入したり、情けないことに付き合っていた異性から今すぐお金を援助してもらったりしていました。

それで勝てているのかというと全然そうではなく、むしろお金を大幅に減らすことしかしていません。
今年からは流石に心を入れ替えて、ギャンブルをする回収を積極的に減らして行こうと思います。

以前のようにいきなり継続してやらないとなるとまたギャンブルをやりたくなるのであくまで徐々に少しづつ減らしていく感じで行い、最終的には娯楽程度で適度にやるくらいに留めておくようにしておきたいです。

一人で遊ぶとき今すぐにでも一番お金が欲しい。

on 3月 7th, 2015 by xcomcs1

私はゲームセンターのメダルゲームが大好きなので、良くやります。

その中でも競馬ゲームが好きで、結構安い店を探しまわったりしてやっと安い店を見つけました。

結局安くても、馬券ゲームと言うのがあってそこでたくさん賭けてしまうと、お金がいくらあっても足りません。

1万円で25万枚のお店を見つけて即1万円分買って遊んでみました。

育成ゲームと言うのがあって育成をメインに遊べば25万枚で1年は普通に遊べます。

ですが馬券をたくさん購入してしまい、閉店間際で0枚になり帰宅しています。

今月でもう3万も使ってます。

一様遊び代は財布に3万入れて置いて2万とかになると、またメダル買うお金が欲しい!

とスロット打ったり、本物の競馬で稼いだりして購入しています。

手元金5000円からスロット、競馬等でしっかり予想して勝負したりしています。

どんなにお金が欲しくても、犯罪に手を染めたり、お金を友人、知人から借りたりする事は絶対にしたくないし、しちゃいけないと言い聞かせて遊んで居ます。

なのでお金が使いたくて欲しい。こういう時にお金が無い時は食費を節約したりして遊び代に少しずつまわしていきます。

今すぐお金が欲しい | そんなときに便利なおススメローンはこちら

借りやすいのは普段の信頼関係から

on 12月 18th, 2014 by xcomcs1

http://借りやすい.com/

給料日10日前、所持金が尽きてしまった。

独り暮らしのそんな時、借りやすいのは職場の同僚です。
気軽に話せる同僚が10人もいれば、ことは足ります。

大抵のまっとうな社会人は、
「給料日10日前に資金が尽きる」
などという事態は招きません。
10人に現状を話せば、そのうち7~8人ぐらいは、
「なんて悲惨な人なんだ」
と思ってもらえます。

そこで「給料日に返すから500円貸して」と言ってみましょう。
多くの場合「500円じゃなんだから」と千円貸してくれます。
(中には2、3千円出してくれる人もいます)
そして10人中5人ぐらいは貸してくれます。
5千円もあれば10日間、どうにか生きていけます。

同僚というのは皆、
「給料日が同じ」
という共通項を持っています。
そして、週のうち4~5日は会社で顔を合わせています。
つまり、
「あなたが仕事を休んでおらず、自分と同じ日に必ず収入がある」
ということを知っているわけです。

そしてまた、千円の借金から逃れるために、
会社を辞めたり夜逃げをしたりとは、まったく思わないでしょう。
実際しません。

でもこれ、日々の信頼関係が大前提となります。
「小額の借金だと、かえって踏み倒されそう」
そんな人間だと思われていては貸してもらえません。

同僚とは普段から仲良く付き合っておきましょう。

まとまった額が必要になった時、親にお金を借ります

on 4月 25th, 2014 by xcomcs1

人によって様々だと思いますが、お金を借りる理由はまとまった額のお金が必要になった時が多いのではないでしょうか。
私の場合も車や電化製品を買う時などは、金利のかからないようにできるだけ現金で買いますが、自分の持ち金が足りない時などは親に借りて払います。そして毎月一定額を親に返済して行きます。
返済が終わるまでは次に欲しい物の事は考えず、ひたすら返済に専念します。
毎月滞ることなく返済を続ければ、それが信用になり、次に借りる時も貸してもらいやすくなるのです。

親に借りる時はついつい甘えが出がちですが、私は返す時は実家に帰り親の手に直に返済します。
振り込みだと機械的になり1度忘れるとずるずると返せなくなりそうなので、これは自分で固く決めている事です。
親の顔を見て「ありがとう」と言ってお金を返す事でお互いに安心できるし、疎遠になる事もありません。
たまに「また借りに来たの?」とチクリと言われますが、それも愛嬌と分かり合える距離感がいいのです。

キャッシングとは

on 4月 11th, 2014 by xcomcs1

キャッシングとは何か? キャッシングは簡単に説明すると郵便局や消費者金融、銀行、クレジットカード会社などの金融機関からお金を借りる事なんです。 もちろん誰でも借りられる訳ではないので審査が必要となります。

キャッシングには無利息キャッシングや即日キャッシング、女性専用のキャッシングや学生キャッシングなどの種類があります。

キャッシングは決められた一定範囲内でお金を借りる合理的なシステムになっており、返済方法は一括返済が基本とされています。

当たり前のことですが、借りたら返さなければならないので自分の収入、貯金の状態などをよく考慮してから申し込むようにしましょう。

自分の収入や貯金の状態を把握しないまま、自分自身に合わないキャッシングを続けていると最悪の場合、自己破産することになってしまうので注意してください。